相続手続 遺言書作成 死後事務委任 の専門家

遺産の中に田舎の農地があるのだが、特別な手続きが必要なのだろうか。

世間ではあまり知られていませんが、田畑や牧場などの農地を相続した際は、その農地がある市町村の農業委員会に届出をすることが、農地法によって義務付けられています。

また、山林となっている土地を相続した場合は、その山林のある市町村に届出をすることが、森林法によって義務付けられています。山林は、無届け、または虚偽の届出をした場合は、10万円以下の過料が課されることもあります。

いずれの届出も、吉村行政書士事務所が代行することが可能です。

1.ご相談・手続き資料の収集・作成 …吉村行政書士事務所担当業務

まずは、遺産となる農地または山林を相続人へ名義変更することが必要です。当事務所が、名義変更手続きに必要な資料の収集、書類の作成をおこないます。
↓

2.相続登記 … 提携司法書士担当業務

提携司法書士が法務局への登記申請(土地の名義変更手続き)をおこないます。
↓

3.農地(山林)の相続届 … 吉村行政書士事務所担当業務

相続登記完了後、当事務所が相続届の書面を作成し、農業委員会(または市町村)に届出をおこないます。

お問い合わせはこちらから

行政書士登録番号 (第12080672号)
東京都行政書士会北支部所属 吉村行政書士事務所

〒115-0043  東京都 北区神谷2-24-1 セイワコーポ201号室
TEL : 03-6670-4647 FAX :03-5656-6543

本サイト掲載の画像・テキストは1点あたり10万円で販売しております。ご希望の際はお問合せフォームよりご連絡ください。