相続手続 遺言書作成 死後事務委任 の専門家

車庫証明ってどんなもの?~車庫証明が必要なケース~

自動車の名義変更などで運輸支局で自動車の登録(車検証の書換えやナンバープレートの取付け・変更など)をする際、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に基づき、あらかじめ保管場所(駐車場)を確保していることを証明する警察署長の書面(保管場所証明書)を提出する必要があります。
この保管場所証明書のことを車庫証明あるいは車庫証明書と呼んでいます。

車庫証明が必要なケース

車庫証明は具体的に次のようなケースで必要です。

    • 新規登録

新車を登録し、初めてナンバープレートの交付を受けるとき(新車を買うとき)

    • 移転登録

売買・贈与などで、所有者の名義変更をするとき(ディーラーから中古車を買ったり、個人から譲り受ける場合など)

    • 変更登録

使用の本拠地(住所)や事業所などの変更をしたとき(引越しをしたとき)

※「同居の親族間の名義変更」「会社の社名変更」等使用の本拠の位置に変更がないときは、保管場所証明の必要がない場合がありますので、詳しくは運輸支局へお尋ねください。

一般的には、自動車を購入する際の新規登録・移転登録が多いと思いますが、要するに車を買う時に必要な手続き、それが車庫証明ということになります。

保管場所届出とは

また、保管場所証明申請の他に保管場所届出という手続きもあります。
この手続きは次のようなケースで必要です。

    • 軽自動車を保有する場合

軽自動車を購入するなどして保有することになった場合は、車検証の名義変更をしたあとに、警察で保管場所(駐車場)の登録を行ないます。

    • 普通車や軽自動車の保管場所(駐車場)を変更した場合

普通車の場合、所有者と使用の本拠地(住所)に変更がなく、保管場所(駐車場)のみを変更した場合に手続きが必要です。

車庫証明を受ける要件

警察で保管場所(駐車場)の登録をするためには次の要件を満たす必要があります。

    1. 駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」の目的が路上駐車を防止することなので「道路以外の場所であること」が要件となっています。

    1. 使用の本拠の位置(住所)から2キロメートルを超えないこと。

自家用車の場合、使用の本拠とは「申請者の生活の拠点(住居)」のことで、つまり住民登録(住民票の登録)をしてある住所のことをいいます。
例えば別荘など、住民登録をしていない住所を使用の本拠として車庫証明を受けることは原則できません。
警察において使用の本拠(生活の拠点)として認められるには、1年のうち、概ね半年以上はその場所で生活をしていることが要件になるようですが、そもそも生活の拠点である場所に住民登録をすることが原則ですので、例えば、単身赴任の夫が妻や子どもと住民登録を別々にできないなど、相当の理由がないと認められません。
また、申請先の警察によっては、その旨の理由書の添付を求められることもあります。

ちなみに、警視庁管内(都内)では、「使用の本拠を証明する資料」の提出が必要です。
個人の場合、印鑑証明書・住民票・運転免許証などのコピー、電気ガス等の公共料金の領収書など
事業所の場合、法人の印鑑証明書、公共料金の領収書、消印のある郵便物など
となります。

    1. 自動車が通行できる道路から、支障なく出入させ、かつ、自動車の全体を収容できること。

所有しようとする車のサイズと、駐車場のスペース、駐車場に出入りするための道路幅などの兼ね合いで収容や出し入れが問題なくできるかどうかといった物理的な要件です。
特に道路に面した駐車場の場合、タイヤが敷地内に収まっていればよいわけではなく、車全体が敷地内に収まっていることが必要ですので、自動車の鼻が道路にはみ出すような停め方はNGとなります。また、前面の道路が4m未満の幅員の場合、セットバックという規定が適用されるので、車自体は駐車スペース内に収まっても道路幅との兼ね合いでNGとなる場合があります。
特に大型の自動車を購入される場合は、駐車場の契約は慎重にする必要があります。

その他、アパート等の集合住宅の敷地内に駐車する場合、避難経路を塞ぐような停め方がNGになる場合もあります。
「駐車スペースには余裕を持って」が原則です。

    1. 保管場所として使用できる権原を有していること。

自己所有の敷地や建物がある場所に駐車する場合は、自認書(その敷地は自分に使用権限があることを証明する書類)を警察に提出します。
その他の場合(レンタルの場合)は、使用承諾書又は駐車場の賃貸借契約書の写しを警察に提出します。

使用承諾書(賃貸借契約書)において特に重要なのは、使用期間(契約期間)です。
契約が切れて駐車できなくなる=その車は路上駐車になる、という建付けなので、駐車場として安定継続的に使用できるということを証明するため、概ね1年以上(少なくとも6ヶ月以上)の期間が定められていることが望ましいです。
また、契約期間が短い場合で、自動更新の約束がある場合は、「以後自動更新」などと追記するのが望ましいでしょう。

ちなみに、車庫飛ばし(車庫証明で登録した駐車場と、実際には違う場所で車を保管すること)を防ぐため、車庫証明を取るためだけの短期間の駐車場の契約は禁止している業者さん・オーナーさんがほとんどです。(3ヶ月未満の契約はNGなど)
※車庫飛ばし(虚偽の保管場所証明申請)は20万円以下の罰金が科せられる犯罪ですので注意しましょう。引越しをして車を持ってきたけど車庫証明を取っていない場合(不届け)も、実際に取り締まられるケースは少ないですが、厳密に言うと法律違反となります。

当事務所の車庫証明申請代行サービスのご案内はこちらから

車庫証明申請に関するお問合せ・ご依頼はこちらから
お問い合わせはこちらから

車庫証明手続きに必要な書類

保管場所の確保

車を保管する場所を確保します。
保管場所は次の条件を満たしていなければなりません。

  1. 道路以外の場所であること
  2. 車全体が格納できること
  3. 道路から容易に出入りすることができること
  4. 保管場所が使用の本拠の位置から2km以内であること
    (使用の本拠とは自宅の住所または事業所の住所のことです)

普通自動車の場合

  • 自動車保管場所証明申請書

    PDFファイル記入例

  • 保管場所標章交付申請書

    PDFファイル記入例
    自動車を運輸支局に登録(新規登録・変更登録。移転登録)する場合に必要となる書面です。車検証に記載されている自動車の情報や申請者の住所、自動車の保管場所などを記載します。

  • 保管場所使用権限疎明書面(自認書)

    PDFファイル記入例
    車庫をして届け出る場所が自己所有の場合に作成する書面です。
    「保管場所である土地・建物は、私の所有であることに間違いありません」という一文に、住所、氏名を記入して捺印します。

  • 保管場所使用承諾証明書

    PDFファイル記入例
    車庫として届け出る場所が他人所有である場合に作成する書面です。
    大家さんもしくは仲介不動産業者、契約駐車場の場合は地主さんもしくは仲介不動産業者に出向いて、署名捺印をお願いすることになります。

  • 所在図・配置図

    PDFファイル記入例
    保管場所の位置が分かる広範囲な所在図を左半分に、保管場所に接する道路の幅や保管場所の平面の寸法を記入した配置図を右半分に記入します。
    警察の方が現地確認するための資料になります。

軽自動車の場合

  • 自動車保管場所届出書

    PDFファイル記入例

  • 保管場所標章交付申請書

    軽自動車を新規取得した場合、または車庫の変更をする場合に必要な書面です。
    記載内容は普通自動車のものと同じです。

  • 保管場所使用権限疎明書面(自認書)

    普通自動車の手続きで使うものと同一です。

  • 保管場所使用承諾証明書

    普通自動車の手続きで使うものと同一です。

  • 所在図・配置図

    普通自動車の手続きで使うものと同一です。

書類到着日に即日申請可能!! 東京都北区の車庫証明申請代行

東京都北区の車庫証明なら吉村行政書士事務所にお任せください。警察署の申請代行8640円、配置図の作成込みで11880円。書類到着日に即日申請可能。
東京都北区の車庫証明取得なら吉村行政書士事務所にお任せください。警察署の申請代行8,640円、配置図の作成込みで11,880円。書類到着日に即日申請可能。

東京都北区の車庫証明は当事務所にお任せください!

  • 平日は忙しくて警察署に行けない方
  • 面倒な書類の作成や手続きをしたくない方
  • 他府県のディーラー様、中古車販売業者様

車庫証明代行の行政書士をお探しの方はぜひ当事務所をご利用ください。

書類到着日に即日申請可能です

当事務所は赤羽警察署まで5分、王子警察署まで10分、滝野川警察署まで15分の場所に位置しており、北区全域の車庫証明手続きをスピーディーに行うことができます。
申請書類が午前中に到着した場合に限り、即日申請も可能です。

必ず現地調査をしてから申請をおこないます

車庫証明は、「申請を出せば普通に通る」と思われていませんか?
ほとんどの場合ではそうかもしれませんが、稀に駐車場の場所やサイズなどの条件によって、申請が受理されない場合もあります。

当事務所では、配置図の作成を伴わない場合でも必ず、申請前に駐車場の現地調査をおこなっています。
現地調査をおこない、駐車場の現況を把握したうえで申請をおこなうため、警察署での手続きをスムーズに進めることが可能になります。

申請書類の修正を無料でおこないます

警察署に提出する申請書類は通常、お客様ご自身に記入していただきますが、稀に記載内容に不備がある場合があります。
当事務所は、その場合に必要な申請書類の修正を無料でおこないます。
修正が必要な場合の追加料金は一切ございません。

当事務所にお支払いただく金額(税込額)

車庫証明申請の代行(書類の提出・受取代行)¥8,640
所在図・配置図の作成¥3,240
北区外の場合は¥5,400
使用承諾書の受領手続き
駐車場オーナー様を訪問し、使用承諾書に署名捺印をもらいます。
¥3,240
北区外の申請の場合の加算
板橋区、豊島区、荒川区、文京区の申請の場合に出張日当として加算します。
¥3,240
警察署の手数料¥2,600
書類郵送に係る通信費実費

※料金は後払い精算です。
※2台以上同時にご依頼いただく場合、2台目以降の報酬額を¥1,000引でお受けいたします。

サービス可能地域(車庫のある場所)

北区全域

赤羽警察署管内

赤羽、赤羽北、赤羽南、赤羽西、赤羽台、岩淵、西が丘、神谷、浮間、志茂、桐ヶ丘の車庫
※申請から交付までの標準日数…中3日

王子警察署管内

王子、豊島、堀船、岸町、王子本町、十条台、上十条、十条仲原、中十条、東十条の車庫
※申請から交付までの標準日数…中2日

滝野川警察署管内

滝野川、西ヶ原、栄町、上中里、中里、昭和町、田端、東田端、田端新町の車庫
※申請から交付までの標準日数…中1日

板橋区の一部

板橋警察署管内

板橋、稲荷台、大谷口、大谷口上町、大谷口北町、大山金井町、大山町、大山西町、大山東町、加賀、上板橋、熊野町、小茂根、幸町、栄町、桜川、東新町、常盤台、中板橋、仲宿、仲町、中丸町、氷川町、東山町、富士見町、双葉町、本町、南町、南常盤台、向原、大和町、弥生町の車庫

志村警察著管内

相生町、小豆沢、泉町、大原町、坂下、清水町、志村、中台、西台、蓮沼町、蓮根、東坂下、舟渡、前野町、宮本町、若木の車庫

荒川区の一部

尾久警察著管内

西尾久、東尾久、町屋5丁目~7丁目の車庫

豊島区全域

池袋警察著管内

池袋1丁目・2丁目・3丁目(3,11,12,15-18番を除く)・4丁目、池袋本町、上池袋1丁目(8-10番)・2-4丁目、西池袋1丁目・2丁目(7-13番、34-36番)・3丁目・4丁目(1-18番)・5丁目(25-31番を除く)、東池袋1丁目・2丁目(49-63番)・3丁目(2-15番)・4丁目(5-11番、19-28番)、南池袋1丁目(20-29番)・2丁目(22番、27-31番、48-49番)、目白3丁目(29番)・4丁目(20-23番、35-36番)の車庫
※申請から交付までの標準日数…中2日

巣鴨警察著管内

上池袋1丁目(8-10番を除く)、北大塚、駒込、雑司ヶ谷、高田、高松、千早、長崎、西池袋2丁目(7-13番、34-36番を除く)・4丁目(1-18番を除く)・5丁目(25-31番)、東池袋4丁目(1-5番、12-13番)・5丁目(1-18番、20-24番)、南大塚の車庫

目白警察著管内

池袋3丁目(3,11,12,15-18番)、要町、千川、巣鴨1丁目(16番の一部を除く)・2-5丁目、西巣鴨、東池袋2丁目(49-63番を除く)・3丁目(2-15番を除く)・4丁目(1-13番,19-28番を除く)・5丁目(1-18番,20-24番を除く)、南池袋1丁目(20-29番を除く)・2丁目(22,27-31番,48-49番を除く)3丁目・4丁目、南長崎、目白1丁目・2丁目・3丁目(29番を除く)・4丁目(20-23番,35-36番を除く)・5丁目の車庫

文京区の一部

駒込警察著管内

巣鴨1丁目(16番の一部)、千駄木、本駒込1丁目・2丁目(9番の一部,10-11番,28番の一部,29番を除く)・3-5丁目・6丁目(1-6番並びに7-12番の各一部及び山手線以北を除く)、向丘1丁目(7-15番)・2丁目(11番の一部,12番,13番の一部,14-39番)の車庫
※申請から交付までの標準日数…中2日

ご依頼の流れ

お問い合わせ

お電話、または、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※お急ぎの方はお電話(TEL:03-6670-4647)にお問い合わせください
今後の手続き方法や費用についてご説明さしあげます。

業務のご依頼

北区在住の方からのご依頼の場合
当職がお客様のご自宅などご都合のよろしい場所にお伺いし、必要書類をお預りいたします。
当事務所へのご来所、郵送での書類ご送付も承ります。

北区外からのご依頼(郵送でのご依頼)の場合
車庫証明申請代行依頼書(PDFファイル)の用紙を印刷、ご記入のうえ03-5656-6543までFAXをご送信ください。
また、申請に必要な各種書類を当事務所宛(〒115-0043 東京都北区神谷2-24-1 セイワコーポ201 吉村行政書士事務所)にご郵送ください。郵送時には、ご本人様確認のためお客様の身分証コピー(企業様の場合は担当者様の名刺)を同封ください。
車庫証明申請代行依頼書のダウンロードはこちらから

警視庁指定申請書類のダウンロードはこちらから
東京都内での車庫証明申請には、申請者の住所証明書類(印鑑証明書コピー、運転免許証コピーなど)が必要です。書類の送付・お渡しの際に必ずご準備ください。

業務の着手

お客様からご郵送いただいた必要書類の確認後、業務に着手します。警察署への申請から2~4日ほどで手続きが完了します。(土日に書類が届いた場合は翌月曜日申請になります)手続きの完了日は申請時にご連絡いたします。

所在図・配置図作成

所在図・配置図の作成をご依頼の場合、当方が現地調査・測量を行い、自動車保管場所の所在図・配置図を作成いたします。

車庫証明書等・請求書の送付、ご精算

手続きが完了次第、ただちにご連絡さしあげます。
自動車保管場所証明書(車庫証明書)、保管場所標章交付申請書、標章のシールなど、警察から交付された書類、ならびに請求書を郵送いたします。
書類がお手元に届きましたら、確認のためご連絡ください。報酬額の入金確認後、郵送またはメール添付にて領収書をお送りいたします。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ 電話をする