相続手続 遺言書作成 死後事務委任 の専門家

どっちがお得?~生前贈与と相続の比較~

親御さんが持っている財産をお子さんへ渡す方法として、生前の贈与と相続というふたつの方法があります。
手続きの手間や費用など、メリット・デメリットがありますので、よく比較検討して選択していただければと思います。

贈与と相続の違い

贈与は当事者の一方(贈与者)が、ある財産を相手方(受贈者)に無償で与える契約のことをいいます。
対して相続は、当事者の一方(被相続人)が亡くなったとき、その人が持っている財産を、相続人という親族が引き継ぐことをいいます。

親子の関係であれば、どちらも親から子へ無償で財産を渡すというところで共通点がありますが、
・贈与=生きているうちに財産を渡す
・相続=亡くなってから財産を渡す
というのが、贈与と相続の違いです。

手続きの違い

贈与の場合、お金や現物を「あげるよ」といってそのまま渡してしまえば、特に書面を取り交わす必要はありません。
しかし、不動産や車など名義のある財産に関しては、名義変更の手続きのために、当事者間で贈与契約書や譲渡証書といった契約書を作成する必要があります。

なお、親子間での贈与には「遺産の前渡し」といった性質があります。相続の手続きにおいては、親が亡くなったときに残した財産を均等に分けるのではなく、生前に贈与した分も一旦、遺産の一部に組み込んで相続分を計算するという方法をとります。
名義変更等の手続きが不要な贈与であっても、「いつ、いくらのものをあげた・もらった」という記録(証拠)を残しておくために、契約書を作成する、領収書を作成する、ということは重要になってきます。

対して相続の場合、相続人となる人が複数いれば、全員の話合いで財産の分け方を決める遺産分割協議をおこない、その内容をまとめた遺産分割協議書を作成し、名義変更などの手続きをおこないます。
遺産分割協議は場合によっては争いに発展し、なかなか解決しない場合もあります。

手続きの面においてはどちらも名義変更のための書類を作成するというところで共通点がありますが、
・贈与=あらかじめ当事者間で合意があるので、確実に財産を渡せる
・相続=確実に財産を渡せるかどうか不確定
といった違いがあります。

なお、親が生前に遺言書を作っておけば、遺産分割協議よりも遺言のほうが優先されるので、親の意思どおりに財産を分けることが可能です。(不平等になりすぎないよう、他の相続人への配慮は必要)
相続で財産を渡すことを検討する場合には、確実性を持たせるため、遺言書の作成が必要です。

国に支払う税金の違い

贈与も相続も、もらう側にとっては「タダで財産をもらう」という性質があるので、財産をもらった側は、贈与であれば贈与税、相続であれば相続税として、もらった額に応じた税金を国(税務署)に納める必要があります。

贈与税については通常、暦年贈与といってその年の1月1日~12月31日までに受けた贈与の額が基礎控除額110万円を超えた場合に、その超過分について課税されます。
(贈与税の課税のしくみについては下記、国税庁HPのリンクをご覧ください)
贈与税の課税のしくみ

対して相続税は、親が死亡したときの全財産(死亡前3年分の贈与を含む)が基礎控除額(3,000万円+600万円×相続人の人数)を超えた場合に、その超過分について課税されます。
(相続税の課税のしくみについては下記、国税庁HPのリンクをご覧ください)
相続税がかかる場合
相続税の計算
相続税の税率

一般的に、贈与税より相続税のほうが基礎控除額も大きく、税率も低いため、相続で財産を渡す方が断然お得です。

なお、生前贈与を活性化させるための制度として、相続時精算課税制度というものがあります。
これは、60歳以上の父母(祖父母)から20歳以上の子(孫)に対する贈与について、親1人あたり2,500万円まで非課税で贈与できるという制度です。(基礎控除額超過分には一律20%の課税)
この制度を利用することで、高額な不動産についても贈与しやすいというメリットがありますが、制度を利用するためには税務署への申告が必要であることや、一度この制度を利用することを選択すると、暦年贈与の制度は併用できないといった面もあります。
制度利用のためには、税理士の協力も必要になってくるでしょう。
(相続時精算課税制度のしくみについては下記、国税庁HPのリンクをご覧ください)
相続時精算課税制度の概要
相続時精算課税制度を利用した場合の贈与税の計算

名義変更手数料(登録免許税)の違い

贈与または相続の対象となる財産が不動産の場合、登録免許税といって、名義変更の登記に必要な手数料を法務局に支払う必要があります。

登録免許税は固定資産評価額(固定資産税課税のために都税事務所や市町村役場が決める価格)を基準に計算され、
・贈与=固定資産評価額の2%(評価額1,000万円あたり20万円)
・相続=固定資産評価額の0.4%(評価額1,000万円あたり4万円)※法定相続人が相続した場合に限る
といった違いがあります。

都心で戸建て住宅を所有している場合、土地の評価が2,000万~3,000万円くらいになることもあるでしょうから、贈与と相続で、登録免許税額で数十万円単位の差が出てきます。
登録免許税の面から見ても、相続で財産を渡すほうが断然お得です。

不動産取得税の違い

贈与の対象となる財産が不動産の場合、さらに不動産取得税という都道府県税を支払う必要があります。
不動産取得税は
・土地=固定資産評価額×1/2の3%
・住宅用家屋=固定資産評価額の3%
(ともに平成30年3月31日までの税率)
という税率で計算します。(ただし、要件を満たせば一定額の減税措置を受けられます。)
不動産取得税もかなりの高額な出費となるので注意が必要です。
(不動産取得税のしくみについては下記、東京都主税局HPのリンクをご覧ください)
不動産取得税とは

一方、相続で不動産を取得した場合には不動産取得税は課税されません。※法定相続人が取得した場合に限る
不動産取得税が発生しない点も相続が有利な点です。

生前贈与をしておいたほうがいい場合とは?

以上のとおり、税金や費用面でいうと相続で財産を渡す方が断然お得ということがお分かりいただけたかと思います。
それでも生前贈与を選択するメリットとしては、「将来相続で揉める可能性があるので生前に確実に渡しておきたい」という場合が考えられます。
また、贈与する対象が貸アパート等の収益物件である場合は、「不動産の管理、賃借人との契約の管理を元気な子どもに任せられる」「賃料収入(所得)が入らなくなるる(財産の増加が抑制される)ので、相続税対策になる」といったことが挙げられます。

費用をかけてでも生前贈与をするのか、費用を抑えることを重視して相続で財産を渡すのか、ご家庭の事情に合わせて良くご検討ください。

比較生前贈与相続
特徴生きているうちに財産を渡す亡くなってから財産を渡す
手続き書類贈与契約書
※不動産の場合は必須
遺産分割協議書又は遺言書
国税贈与税
※税率が高い
相続税
※贈与税より税率が低い
登録免許税
(不動産の場合)
固定資産評価額の2%
※1,000万円あたり20万円
固定資産評価額の0.4%
※1,000万円あたり4万円
不動産取得税
(不動産の場合)
・土地は固定資産評価額×1/2の3%
・住宅用家屋は固定資産評価額の3%
※ともに平成30年3月31日までの税率
かからない
こんな方におすすめ!
  • 相続トラブルが発生する危険性があるので、確実に財産を渡ししたい
  • 賃貸不動産の管理を任せたい
  • 賃料収入を押さえて所得(財産)が増加しないようにしたい
  • 税金や手続きの費用をできるだけ抑えたい

生前贈与のための贈与契約書作成サービスはこちらから
相続のための遺言書作成サービスはこちらから

初回相談は無料です!! お気軽にお問い合わせください!!

お客様のご自宅や最寄りの駅など、ご指定の場所まで伺います。(基本対応エリア:関東全域、山梨県)
関東地方以外でもご対応可能な場合がございますので、お気軽にお問合せください。また、お電話・メールでのお問い合わせは、日本全国無料で承ります。
行政書士は弁護士と同様に法律で守秘義務が課せられています。
ご依頼いただいた内容や個人情報が外部に漏れる心配はありませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせは
こちらから
年中無休 朝9時から夜10時まで受付中

気になること、不安に思っていることなど、なんでもご相談ください。じっくりとお話を伺い、ていねいにお答えいたします。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは
こちらから
年中無休 24時間受付中

    お問い合わせの種類 (必須)

    ご希望のサービス (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号
    入力していただくと、より正確な回答をご提供可能です。

    ご相談内容

    迷惑メール送信防止のためのクイズ(下の足し算の答えを入力して下さい) (必須)

    トラブル防止のための示談書・契約書作成サービス


    トラブル防止のための示談書・契約書作成サービス 相談無料 法律の専門家が契約書作成をサポート

    契約書の作成は吉村行政書士事務所にお任せください!

    • 相手方とトラブルが起きないように契約書を作りたい
    • 自分できちんとした書類が作れる自信がない
    • 忙しくて書類を作る自身がない

    こんなお悩みをお持ちの方はぜひ当事務所にご相談ください。

    あなただけのオーダーメイドの契約書を作成します

    インターネットや書籍などで販売されているひな形を使って契約書を作成することも不可能ではありませんが、法的な位置づけや意味をきちんと理解していないとトラブルになる可能性がありますし、個別の契約内容に合わせたケースバイケースのアレンジは専門家でないと対応できません。

    行政書士はトラブルを未然に防ぐ”予防法務”の専門家です。
    吉村行政書士事務所ではお客様のさまざまなご要望に合わせてオーダーメイドで各種契約書を作成します。

    公正証書の作成もサポート可能です

    契約書はできるだけ公証役場で作成する公正証書(公的な書類)で作成しておくことが重要です。
    公的機関で作成することによって契約書の証拠能力が上がりますし、特に金銭の支払いが発生する契約の場合、「強制執行認諾条項」といって、裁判所の判決を必要とせず、相手方の財産を差し押さえることが可能になる効力を持たせることが可能になります。

    公正証書の作成には、作成当日だけでなく、事前打合せや資料の収集・提出のために公証役場に出向く必要がありますが、当事務所でこれらの手続きをすべて代行可能ですので、平日になかなか時間が取れない方でもスムーズに契約書を作成することが可能です。

    司法書士・税理士等の連携もスムーズです

    不動産が関連する契約の場合、合わせて登記手続きが必要になることがありますし、財産の売買や譲渡に関する契約の場合、税金の申告が必要な場合があります。

    当事務所はさまざまな法律専門職と業務提携しておりますので、司法書士、税理士などの手配・ご紹介も可能です。
    契約書作成後の手続きについてもお任せください。

    取扱い書類と報酬額

    注意点

    • 不動産の名義変更、抵当権設定などの登記をご依頼の場合、別途、司法書士報酬として5万~10万円程度が必要となります。
    • 不動産の名義変更の際は、不動産の固定資産評価額に応じた登録免許税(登記手数料)が発生します。
    • 財産や権利の授受を目的とする契約の場合、税金の申告・納税が必要になる場合があります。税理士にご依頼の場合、別途税理士報酬が必要となります。
    • 契約書の種類によって、契約金額に応じた印紙税(収入印紙の貼り付け)が必要な場合があります。
    • 記載の報酬の他に書類作成に必要な資料・証明書の取得費用、出張交通費等の実費をご負担いただきます。
    • 公正証書で作成する場合、契約金額によって公証役場にお支払いいただく手数料が必要となります。
    サービスの内容当事務所の報酬(税別)

    和解契約書・示談書

    争いやトラブルのあった当事者同士が、争いを終結させるために作成する契約書です。
    トラブルの内容や和解・示談の条件をお伺いし、契約書面にまとめます。
    (例)

    • 事件や事故の当事者同士の示談
    • 貸主・借主間での建物明渡和解契約

    ※当事者間であらかじめ示談・和解をすることに合意している場合に限ります。(相手方との交渉は弁護士のみがおこなえます)

    30,000円

    金銭消費貸借契約書(お金の貸借の契約書)

    個人間など金融機関以外からお金を借りたり貸したりするときに作成する契約書です。
    借入金額や返済期限、返済方法などについて、トラブル防止のために取り決めを書面にまとめます。
    連帯保証人や不動産・自動車などに抵当権(担保)を設定した契約書も作成可能です。

    抵当権設定なしの場合
    33,000円
    抵当権設定ありの場合
    55,000円

    不動産の売買・贈与契約書

    個人間など不動産会社を介さずに不動産を売買したり贈与するときに作成する契約書です。
    対象の不動産や売買金額、支払方法、危険負担(天災等が発生した場合の特約)などについて、トラブル防止のために取り決めを書面にまとめます。
    所有権移転登記(名義変更)に必要な司法書士も手配いたします。
    (例)

    • 不動産を売ったり買ったりするときの契約(売買契約)
    • 不動産を無償で譲ったり貰ったりするときの契約(贈与契約)
    • 不動産の贈与にあたり、相手方に見返りを求める契約(負担付贈与契約)
    • 贈与者が亡くなったら不動産を譲り渡す契約(死因贈与契約)

    不動産の生前贈与と相続どちらがお得?

    66,000円

    不動産の賃貸借・使用貸借契約書

    個人間など不動産会社を介さずに不動産を貸したり借りたりするときに作成する契約書です。
    不動産の貸し借りには借地借家法などの特別な法律の規定が適用されるので注意が必要です。
    対象の不動産や賃料、支払方法、契約期間などについて、トラブル防止のために取り決めを書面にまとめます。
    (例)

    • 個人の住宅、事業所・工場など建物用の土地の借地契約
    • 駐車場・資材置き場など建物以外の用途での土地の借地契約
    • 契約更新をしないタイプの借地契約(定期借地契約)
    • 住宅・事業所・店舗など建物の借家契約
    • 契約更新をしないタイプの借家契約(定期借家契約)
    • 不動産を無償で貸したり借りたりする場合の契約(使用貸借契約)
    66,000円

    ビジネスに関する契約書

    プロの事業者間における契約書や顧客への商品販売契約書など、ビジネスに関する契約書です。
    不特定多数の契約に対応するひな形の作成もお任せください。
    (例)

    • 業務委託契約や請負契約、委任契約(BtoBの契約)
    • 商品の販売に関する契約(BtoCの契約)
    • 特定商取引法(クーリングオフの規定)に対応した契約
    66,000円

    各種団体・協会の運営規則・会則

    各種団体の会計や運営方法などのルールをまとめた運営規則や会則を作成します。
    (例)

    • 事業者等で作る協会の会則
    • 町内会等の団体の運営規則
    66,000円

    公証役場での連絡調整事務費

    契約書を公正証書で作成する場合に加算する費用です。
    公証役場での事前の文案調整、日程調整などの手続きを代行します。

    22,000円

    契約書作成の立会い

    契約書作成時の立会いを行います。
    当事者同士で手続きをするのが不安という場合にご利用ください。

    5,500円

    ご依頼の流れ

    お問い合わせ

    お問い合わせ

    お電話、または、お問い合わせフォームよりお問い合わせください
    お話しを伺ったうえで面談でのお打合せの日取りを決めさせていただきます。
    初回相談は完全無料です。
    平日夜間や土日祝日の出張相談も承っておりますので、ご希望の日時、場所をお申し付けください。

    お打ち合わせ

    ご相談
    ご自宅またはご指定の場所でお話を伺います。
    お困りのことについて、なんでもご相談ください。
    必要な対策や解決のためにかかる費用、今後のスケジュールについて詳しくご案内いたします。

    正式な業務依頼契約の締結

    ご契約
    正式に業務をご依頼頂く場合は、業務依頼契約を締結していただきます。
    業務依頼契約書への署名・押印ならびに着手金の受領後、業務に着手いたします。
    業務執行に必要な証明書の取得や、調査に係る実費は着手金から充当いたします。
    ※着手金の金額は報酬額の半額をいただきます。
    ※ご契約前に必ず見積書の提示をいたします。

    文案の作成・お打合せ

    業務着手
    着手金のご入金後速やかに文面の作成をおこないます。文書作成のために必要な資料の収集や提出にご協力ください。
    作成した文面をご確認いただき、修正点などを調整していきます。
    ※ご契約の相手方がおられる場合は、相手方にも文案をご提示し確認をいただきます。

    契約書のお渡し、契約の締結


    ひな形等作成のご依頼の場合、契約書の書式・データ等の完成版をお渡しいたします。
    相手方との契約がある場合は、契約書の調印に立ち会わせていただきます。

    また、不動産登記が必要な場合は司法書士を、税金に関する諸手続きが必要な場合は税理士を手配させていただきます。

    報酬のお支払い

    お支払
    業務が終了しましたら、請求書をお渡ししますので、残金のお支払いをお願いいたします。

    初回相談は無料です!! お気軽にお問い合わせください!!

    お客様のご自宅や最寄りの駅など、ご指定の場所まで伺います。(無料出張相談対応エリア:関東全域、山梨県)
    関東地方以外でもご対応可能な場合がございますので、お気軽にお問合せください。また、お電話・メールでのお問い合わせは、日本全国無料で承ります。
    行政書士は弁護士と同様に法律で守秘義務が課せられています。
    ご依頼いただいた内容や個人情報が外部に漏れる心配はありませんのでご安心ください。

    お電話でのお問い合わせは
    こちらから
    年中無休 朝9時から夜10時まで受付中

    気になること、不安に思っていることなど、なんでもご相談ください。じっくりとお話を伺い、ていねいにお答えいたします。

    お電話でのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせは
    こちらから
    年中無休 24時間受付中

      お問い合わせの種類 (必須)

      ご希望のサービス (必須)

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      お電話番号
      入力していただくと、より正確な回答をご提供可能です。

      ご相談内容

      迷惑メール送信防止のためのクイズ(下の足し算の答えを入力して下さい) (必須)

      お問い合わせ 電話をする